美容液ラピエルは二重に効果があるのか実際に使って検証!

ラピエルについて

ラピエルに含まれる保湿成分セラミドの効果とは?

投稿日:

ラピエルに含まれている保湿成分の中に、セラミドがあります。

保湿には欠かせない成分なのですが、具体的にどんな効果があるのでしょうか。

 

セラミドとは?

セラミドというのは、肌の一番上にある表皮の角質層に存在している物質です。角質層の細胞と細胞の間で水分や油分を蓄える「細胞間脂質」というもの。

セラミドが水分や油分を保持することで肌の潤いが保たれるのはもちろんですが、細胞の隙間を埋めることで外部の刺激から肌を守る役割も果たしています。

肌の潤いに欠かせないのがセラミドなんですね。

 

セラミドが減少するとどうなる?

セラミドは年齢とともに減少していきます。20歳をピークにして徐々に減少していくと言われています。年齢とともに肌の乾燥に悩まされることが多くなるのはセラミドの減少が原因なんですね。

セラミドが減少すると乾燥肌になるのはもちろんなのですが、肌のバリア機能が低下することによって乾燥以外にも「しわ」や「くすみ」などといった肌トラブルが起こる原因にもなるのです。

みずみずしい肌は見た目だけでなく、肌の健康のためにも大切なんですね。

 

ラピエルに含まれるセラミドは?

セラミドには働きによって種類がいくつかあるのですが、ラピエルに含まれているセラミドは、

セラミドAP→肌のコンディションを整える

セラミドEOP→新しい保湿成分

セラミドEOS→バリア機能

セラミドNS→高い保湿力を持つ

セラミドNP→肌を引き締める

特に、セラミドAPとセラミドNPは、水分保持や肌のターンオーバーを促進するので、積極的に取り入れるといいと言われています。

このように、潤いとハリ、そしてキメが整ったお肌を目指せるようなセラミドの配合になっていることが分かりますね。

もちろん、ラピエルにはセラミド以外にも、

ヒアルロン酸

プラセンタエキス

グリチルリチン酸2K

カタツムリ分泌液

など、保湿にとても高い効果を期待できるとされる成分がたっぷり配合されています。

肌トラブルの多くは肌の乾燥が原因となって起こります。20歳以降の肌はどうしてもセラミドが足りなくなっている状態になりますので、外からしっかりと補ってあげる必要があるんです。

上質な保湿成分を毎日しっかりと肌に補給してあげることが、引き締まったハリと潤いのあるお肌を手に入れる一番の近道でしょう。

-ラピエルについて

Copyright© 「ラピエルで二重になれる」は嘘?二重になれる人・なれない人の違いはコレだった! , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.