美容液ラピエルは二重に効果があるのか実際に使って検証!

ラピエルについて

ラピエルの支払い方法はクレジットカードだけ?後払いで買うことができる?

投稿日:

ラピエルを買って試してみたいんだけど、クレジットカードを持っていない...という人もいると思います。

通販の商品はほとんどがクレジットカード払いですが、中には他の決済方法を使えるところもあるんです。

ラピエルをクレジットカード以外で買う方法はあるのでしょうか。

 

ラピエルの支払い方法は3種類

ラピエルを購入したい場合、次の3つの支払い方法から選ぶことができます。

クレジットカード払い

代金引換

後払い決済(コンビニ・郵便局・銀行)

クレジットカードがない場合でも、別の支払い方法を選択すれば問題なく購入することができるようですね。

 

代金引換払いって?

代金引換払いというのは、商品が届いたときに宅配便などの配送の人に商品代金を支払う方法です。

この方法なら、クレジットカードがなくても商品受け取り時に現金を用意しておけばOK。

逆に言うと、商品が届いたときに手持ちで現金を持っていない場合には受け取ることができません。そして、宅配ボックスなどで受け取るということもできません。必ず配達の時間に現金を用意して家にいて、直接配達員の人にお金を支払って商品を受け取らないといけません。

また、代金引換手数料というものが別途かかります。全国一律325円で、これを商品代金にプラスして支払わなければなりません。

 

後払い決済って?

ラピエルでの後払い決済には「NP後払い」というシステムが使われています。

商品と一緒にNP後払いの請求書が梱包されていますので見落とさないように注意しましょう。その請求書の発行日から14日以内に支払いをします。

代引きと違って、商品が届いたときに現金を用意していなくても、指定の期間内に支払いをすればOK。また、家で商品が届くのを待機していなくても、宅配ボックスなどで受け取ることもできます。

NP後払いは、クレジットカードを持っていない人にとってはありがたいシステムなんですが、注意しなければいけない点もあります。

NP後払いには審査がある

審査と言っても、クレジットカードを作るときのような審査ではありません。

以前にNP後払いを利用したことがあって、その中に支払いの確認が取れていないもの(未払い金)がある場合(同じ住所の家族が利用して未払いがある場合も含む)や、利用限度額の54,000円を超えている場合には、審査が通らないということで利用を断られる場合があるのです。

もし審査に通らなかった場合には、代引きなど他の手段を取るしかないですね。

後払い決済手数料が215円よけいにかかる

銀行振込で支払う場合、さらに振込手数料がかかる

【三井住友銀行からの振込】

1万円以下:108円
3万円未満:216円
3万円以上:432円

【三井住友銀行以外からの振込】

1万円以下:432円
3万円未満:540円
3万円以上:756円

もし、1万円以下の商品を購入して、NP後払いで三井住友銀行以外から振り込む場合には、振込手数料432円+後払い決済手数料215円=合計647円を、商品代金や送料以外に支払わないといけないことになります。

郵便局やコンビニにNP後払いの請求書を持って行って支払う場合には振込手数料はかかりませんので、NP後払いを利用するなら郵便局またはコンビニ払いにすることをおすすめします

 

* * *

クレジットカードを持っていなくても、代引きやNP後払いといった支払い方法が選べるんですね。ただ、クレジットカードでの決済なら手数料はかかりませんが、代引き・NP後払いの場合は別途手数料がかかってしまうので注意してください。

-ラピエルについて

Copyright© 「ラピエルで二重になれる」は嘘?二重になれる人・なれない人の違いはコレだった! , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.